PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

わずかな光

ひと月ぶりの病院

ビビるぼんと余裕のティ



漢方薬を始めて2か月

相変わらず痛みはある様子

ただほんのわずかに違いが見える




顎に触れたり撫でたりしただけでも

痛がっていたのが

それほど痛がらなくなった

触らせなかったのが触らせるようになったのだ




食事のとき

やはり一度にたくさん食べれないため

1日に6回に分けて少しずつ食べているが

そんな中でも変化があった

一度に食べるのがほんの少量なのにもかかわらず

途中で休憩を挟まないと食べ切れなかったのが

一気に食べれるようになったこと

そして食べるときの口の開け方

以前よりも少し大きく開けているように見える




このような最近の様子と

ときおり血が混ざった白い泡を吐くようになったこと

食後ぎゅるぎゅるとお腹が鳴ること

ただしよいブツは出ることを先生にお話しして

長く続けている鎮痛剤のために胃が荒れていること

わずかだがいい方向に向いていると考えられることから

様子を見ながら鎮痛剤を減らしていくことになった




やっと、やっと一歩前進できそうだ

もう少しで暗闇から抜ける出口の

わずかな光が見えそうな

そんな気がする

これまでもがんばってくれてるけれど

もう少し、後少し

がんばっていこうね、ぼんちゃん


診察の緊張で疲れ果てるぼんと

きっとまた先生からおやつをもらえるはずだと

ワクワク待つティ

ティちゃん、ここは病院でおやつもらうとこじゃないんだけども?






スポンサーサイト

| 顎関節症 | 16:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pawinhand2.blog.fc2.com/tb.php/212-8eba154c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。