PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

笑顔のために

鎮痛剤もサプリの増量も

目に見えて効果がないぼんの顎の痛み

これからどうしていくべきなのか

獣医師と相談してきた




元々顎の骨に変形は見られるので

顎関節症である可能性は捨てきれないものの

ここまで痛みが治まらないのは他に原因があるかもしれない

そこでひとつ考えられるのが

自己免疫性疾患によるとされる咀嚼筋炎

診断には血液検査で抗体価の検査をする

外部に出すため結果は2週間ほど先になる

とにかく今は可能性のあるものをひとつずつ消していくしかない

まずはこの検査から始めることになった




自己免疫性疾患と聞いてハッと思いあたった

ぼんちゃんは長く色素角膜炎を患っている

これも同じく自己免疫性疾患だ

もしかしたら顎の痛みもそうなのかも!





頭の中でごちゃごちゃしていたパズルのピースが

もう少しでぴったりはまりそうな

そんな気がしてきた




結果がわかるまで2週間

長い

もうすでにかなり長く痛みに耐えているぼんちゃん

たぶん私が気づくずっと前から痛かったはず

2週間後にどんな結果が出るかわからないけれど

もしかしたら治せるかもしれない

あるいは間に合わないかもしれないけれど




治療にはステロイドが使われ

半年以上かかるようだ

副作用は肝臓や腎臓に及ぶらしい

それもかなり心配だ

でもこのままでは食事も水もとれなくなる

今も泣きながら食べることがあるのだ

なんとか痛みだけでもとってあげなくては




ぼんちゃんのかわいい笑顔がまた見たい

スポンサーサイト

| 顎関節症 | 08:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pawinhand2.blog.fc2.com/tb.php/197-43d01c4a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。