2016年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

グルメだぼん

食事制限があり

食欲もあったりなかったりのぼんさま

なかなか体重が戻らず

とうとう5.4キロまで落ちてしまいました

なんとか増やしたいとは思うものの

手作りごはんでは限界があると考えていたとき

お友達から教えていただいた療法食「消化器サポート」




そうだった、この手があったと早速オーダー

その日の夜には届いて今朝あげてみました

まずは匂いの確認から

丁寧に匂ってぼんさまチェック

ちょっとなめてみたりして好感触です




いきなり全部缶詰にはできないので

いつものごはんに少しマゼマゼ

お!食べる気満々ですね

あげてみると

食べてる、食べてる!

よかったぁ、大丈夫そう




と思ったのもつかの間

1/3弱ほど食べてごちそうさま~

あれー⁈いい感じに見えたけども?

もう一度あげてもやっぱりダメ

じゃ、缶詰だけは?

それもダメ

こうなると絶対に食べてくれません

やっぱりダメかぁ



もともとぼんちゃんは食が細くて

ドッグフードは何をあげても食べてくれませんでした

しかたなく手作りごはんにしましたが

初めの頃はそれもなかなか美味いとは言ってくれず

食べさせるのにとても苦労したのでした

もしかしたら、と思っていたけどやっぱりかー




その後お昼ごはんをいつもの通りに作ってあげると

ペロリと完食でした

困ったちゃんね

優しい弟が添い寝してくれました

今日は冷えるからね

また何か考えようね

スポンサーサイト

| 健康 | 12:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

悪い日もある

通院日


血液検査を受ける

結果は予想通りよくなかった




WBC 255 (前回221、入院時294)

BUN 35.4(入院時19.4)

LIP 366(前回219、入院時257)

CRP 2.7(前回0.6、入院時2.9)

入院時の数値に近いか上回ってしまった



ただ吐きそうになるものの吐いてはいなかったので

入院はせずに薬を変えて飲むことになった

食事もこれまで通りのものをあげてOK

木曜日の夜中に眠れなくて歯茎も白く貧血状態だったことを伝えると

そのとき意識が朦朧としていたら、ただちに連絡くださいとのことだった

そうだよね、BJがまさにそうだった




帰宅してから朝食

出かける前に作っておいたササミのごはんは拒否

あらためてタラで作ると1/3ほどと

薬入りのカッテージチーズを食べた

疲れたのかすぐに眠る




しばらくしてティのシャンプーをしていると

少量のごはんと胃液をリバース

すぐに病院に電話すると

抗生物質は30分ほどで溶けるので問題ない

点滴は必要なくごはんをあげてくださいとのこと

大丈夫なのかな

また痩せてしまったのでできればごはんを食べて欲しいけれど

一度戻すとしばらく食べてくれないので心配

膵炎は繰り返すと聞いたけど本当にそうだった

でも悪い日もあればいい日だってあるはず

早くよくなろうね




| 健康 | 15:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いい日もあれば

昨晩ほとんど眠れなかったぼんちゃん

朝方になってオナラが出ると

お腹のキュルキュルも収まりようやく寝始めました

でも朝食は食べたがらず

ひたすら寝てました





昼頃になり目を覚ましたので

ササミを口元に持っていくとモソモソ食べました

まだ欲しそうだったのであげてみると

ベッドに寝たままササミ一本を完食です

ついでに吐きどめの薬も飲ませました




夕ぽは家の前を少し歩いて

いいポンを2回

帰るとごはんを食べたがったので

いつも通りに1回目の夕食

少し多かったのか1/3ほど残しました

その後お水を飲んで2回目の夕食をあげるとぷいって

ブロッコリーを混ぜたり野菜を増やしたりしても

やっぱり食べない

でも食欲はあるようだったので

あらためてタラで作るとペロリと完食でした

ササミに飽きたのか?

今夜はウロウロもなく普通に寝てくれそうです

| 健康 | 18:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゲボ&ゲーリー⑩

4日続けて吐かなかった5日目の朝

胃液のみを嘔吐

下痢はなく、ポンもなし

散歩は嫌々な感じ



胃液だったので、食事量が少ないためかと思い

朝食を少し増やすと全て完食




夕ぽで2回小さなポン

やはり嫌々歩く

夕食も少し増やしてみると1回目は完食

1時間後の2回目は食べたそうにするものの

食べられず




その後戻したそうにウロウロ

でも出せない

匂うと口が胃液くさい

下痢でもなく

しばらくしてからまたごはんをあげてみたが

やっぱり食べれない




こんな日は夜寝れなくてウロウロするんだろうなと思ったら

やっぱりウロウロ

お腹はキュルキュル

念のため歯茎を見ると白っぽい

でも目つきはしっかりしているし

ヨロヨロしてるけど歩きまわってる

なのでお腹が空き過ぎで軽い貧血状態と判断して様子見(1時30分)




3時頃からやっと寝始める

4時過ぎまたお腹のキュルキュルがひどくなる

とオナラをした途端にキュルキュルが収まり眠りだした




翌朝10/21は散歩なし

ごはんも食べたがらない

お腹のキュルキュルはもうなくよく寝れている

| 健康 | 20:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゲボ&ゲーリー⑨

そろそろタイトル変えたい

いや変えようかな

というのもゲーリーに関してはもう心配なさそうなので

まぁそれはさておき診察結果




炎症を示すCRPは0.5から0.6に

リパーゼは182から219へ

う~~ん、微妙に上がってます

ポンはかなりいいブツになってきたのですが

やはり一日おきくらいでゲボしてしまいます

それも食べてからずいぶん時間が経ってから

未消化のものよりも胃液のほうが多かったのです




さらに体重も減っていて

お腹が空き過ぎて吐いてしまった可能性もあるので

少しずつ食事の量を増やしてみて

それで戻したり下痢するようであればすぐに辞めて

問題もなく吐かなくなったら

吐きどめの薬をやめていくといことになりました




今のところ下痢はしていませんが

ちょいゲボはあります

でも胃液を吐くことはありません

やはり食事の量が少な過ぎたのかもしれません

これで少し体重が戻るといいな

お洋服がみんなガバガバで

抱っこすると軽くて軽くて

悲しいです

ティちゃんもすごく心配してる

ぼんが辛そうにしてるとそっと寄り添ってます

兄ぼんが大好きだもんね

| 健康 | 09:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゲボ&ゲーリー⑧

昨晩は派手にゲボしてしまい不安な夜でしたが

夜中には何事もなくほっとしました




今朝も寒かったので2枚重ね着してお散歩へ

一緒にお散歩できるってうれしいね




何も食べていないのに歩けるのかなと思いましたが

以外にもポテポテ歩きました

チコしてチコしてチコしまくって

ティの書き込みにはもれなく上書きするのも忘れてません

ほんのわずかですがポンもいい感じで出ました




ほぼいつも通りの距離を歩いて

終わりの方でバギーに乗せると

歩き足りないときにする立ち乗り!

よかった、元気はあるようです




家に戻るとすぐにごはんくださいのお顔に

そりゃあお腹空いたよね~

すぐに用意すると冷めるのも待ちきれずに完食

一度にたくさん食べると後が怖いから少しずつね

今のところゲボしてません

お薬も飲めたし大丈夫かなぁ

なんとかゲボしないですみますように

| 健康 | 10:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゲボ&ゲーリー⑦

土曜日の血液検査で少しずつ快復に向かっていると思っていたぼんちゃん

翌日曜日の夕方

その前に食べた夕食を全てリバース

薬も戻してしまったため急いで病院に連絡を入れて

注射をしてもらう




数値的には安定に向かっていたため

先生も首をひねる

また嘔吐が続くようなら飲み薬を変えてみるか

あるいは膵炎以外を疑ってバリウム検査をするか

ただバリウム検査の場合

口を開けることが難しいぼんちゃんに

どうやって飲ませるかが問題とのことだった




そして今日

日曜日以来嘔吐はなかった

大さじ1杯ほどの夕食後30分たってから水を飲み

さらに1時間ほどしてからもう少しごはんをあげようとした

でも食べたがるのに食べれない

嫌な予感がした

予感的中、1時間ほどして薬も夕食も全てリバース

まただ




戻した後はすっきりしたのかそれほどのダメージはなさそう

驚くことに何か食べたがっている

何を食べさせたらいいのかわからず

とりあえず栄養スープの素をお湯でといてほんの少しあげた

まだまだ欲しそうにしていたけれど

ごめんね、我慢してね

何か欲しそうにキッチンから離れない

くださいのお顔がむちゃくちゃ辛い

でも一番辛いのはぼんちゃんだ




今朝はティと一緒にうれしそうにお散歩していたのにな


困ったね

| 健康 | 20:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゲボ&ゲーリー⑥

再診の日

朝食抜きで血液検査です

今日も付き添いティちゃん

よろしくね




一昨日ゲップが出ないと大騒ぎして

白い泡を吐いたぼんちゃんですが

その後は嘔吐も下痢もなく

運さんもかなりいい感じになってきていました




血液検査の結果は

炎症を示すCRPが2.9から0.5に

LIPリパーゼが257から182と下がっていました

快復に向かっていると言えます

もう少し飲み薬を続けて

このまま嘔吐と下痢を起こさなくなれば

お薬も無くしていくことになりました




体重は5.72キロで変化なし

これから少しずつ食事の量を増やして

体重を元に戻していきます




ぼんちゃん順調に快復してきています

よかった!

膵炎は再発の可能性が高いとのことなので

引き続き注意していきたいと思います

| 健康 | 11:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゲボ&ゲーリー⑤

膵炎のお薬は吐き気止めと下痢止め、そして抗生物質です

抗生物質は癖のある匂いがあり

口を開けて薬を飲ませるのが難しいぼんは

錠剤を粉にして食事に混ぜたいので

抗生物質だけ注射してもらいました

後は1日1回ので吐き気止めと2回の下痢止めです




始めはごはんに混ぜても気にしなかったのですが

気付いたらしくプイっとごはんを食べなくなりました

さすがぼんさま

一筋縄ではいきません





薬を混ぜられる食材はないかと冷蔵庫を見ると

ヨーグルトがあった!

でも脂肪分の入ったものだからこれは却下

後は…かぼちゃ

かぼちゃはガスが発生しやすい食材ですが

少量なら大丈夫かな

蒸して薬を混ぜ込みあげてみると

ペロリと食べてくれました

やったー!

黄色いお薬だからお顔が黄色くなっちゃったね




その後薬を混ぜていないごはんをあげてみると

やっぱり食べてました

おぬしやるな



とりあえずは薬を飲めたので一安心ね

と入浴することにしました

しばらくすると浴室にまで聞こえてくるぼんの悲鳴

大慌てで出るとゲップが出ないと泣いていました

横でティもびっくり!

縦抱っこして背中をぽんぽんし続けること数十分

白い泡を吐き出してすっきり

やっぱりかぼちゃはダメだったようです




この後落ち着いてしばらくしたら

ごはんを食べたがったので少しだけあげました



今後お薬どうやってあげようかと考えて

カッテージチーズに混ぜてみることにしました

ちょうど材料もあったのですぐに作って

明日にはこれでお薬あげてみます

それにしても500mlの牛乳からほんのわずかしかできないものですねぇ

| 健康 | 11:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゲボ&ゲーリー④

入院3日目

やっと下痢も治ってきたので夕方退院しました

これからは投薬治療になります

それから食事制限も

入院よくがんばってくれたね

これからは私ががんばるからね

頼むぞ



入院中に調べました

膵炎で食べていいもの

膵臓の働きが弱っているため

脂肪分を控えなくてはいけません



タンパク質

ささみ、豚ヒレ肉、馬肉、鱈、カッテージチーズ

炭水化物

白米

使ってよい野菜

ブロッコリー、ジャガイモ、小松菜の葉
かぼちゃ、さつまいも、にんじん、大根、キャベツ



でもここで気がつきました

ぼんちゃんは食後ゲップがでなくて苦しがることがよくあります

お腹にガスがたまるのかおならもよくします

ガスが発生する食材…炭水化物(糖質)が多いもの

穀類…白米、パン、麺類
いも類…じゃがいも、さつまいも
レンコン、かぼちゃ、にんじん

この食材って膵炎で食べてもいいものとかぶってます



では炭水化物(糖質)が少ない食材は?

肉類
魚介類
葉野菜、きのこ類
豆腐、チーズ、卵
(ただし、豆腐は脂肪が多いので注意)

この辺の食材をうまく組み合わせていくしかないかな

ぼんちゃんのため、がんばって作らなきゃ




| 健康 | 11:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゲボ&ゲーリー③

犬生初めての入院をしたぼんちゃん

さぞかしショックを受けているだろうと

翌日面会に行くと

特に寂しがっている風でもなく

私が抱っこしてもいつもと変わらず

なんだか調子が狂いました



でもエリカラ着けて腕には点滴のために包帯を巻いて

かなり痩せてしまった身体を撫でていると

気づいてあげられなかったことが申し訳なくて

かわいそうで涙ぐんでしまいました




これまでの所吐いてはいないそうですが

下痢がまだ続いているので

今日も入院することになりました


別れるとき看護士さんに渡すときの

「えっ?また?迎えに来てくれたんじゃないの⁉︎」

という切ない顔が辛かった

もう少し頑張ってね

帰りの車内はみんな黙りがちでした

| 健康 | 10:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゲボ&ゲーリー ②

先生にこれまでの経緯を説明

体重を計るとこれまで見たことのない数字が出た

5.72キロ‼︎

いっきに500gも減ってしまった




まずは血液検査から

いつもはありったけのチカラで抵抗をするぼんちゃん

今日は諦めたようにいいコにしている

抵抗するチカラもないのか




血液検査の結果

CRPの値が2.9

身体に何らかの炎症が起きていることを示していた

ALPは383で高めではあるが

もともと普段から高めであり

春に検査した時が345だったため特に問題ではなさそう

高い数値だったのがLIP リパーゼ

257だった

膵炎が疑われた



膵炎てあの膵炎⁉︎

頭の中が「ヤバイ、ヤバイ」でいっぱいになった

まさかそんな大ごとになっているとは

レントゲンとエコー検査をのため半日お預けすることになった




夕方検査結果を聞きに行く

レントゲンで見ると

膵臓に腫瘍など問題は見つからなかった

その他、心臓、腎臓に問題はなく、肺もきれい

肝臓は腫瘍が増えていた

そして胆嚢には小さな砂状の胆石がたくさんあった

これは問題ないそう

気になるのは腸

画像で見ると先生いわく「ぶよぶよして見える」そうだ

これも今回の症状の原因なのか




エコーでも確認する

肝臓の腫瘍はずいぶん増えた印象だった

膵臓に関してはエコーで見ても手術を要するような症状は見られなかった

吐き気も下痢も治っていたので

自宅で投薬治療することになった



それほど酷くなっていないとのことで

少しだけほっとした

ぼんちゃんの場合お口が開かないので

お薬を飲ませるのが難しいのだがそんなことはなんとかなる

大事に至らずよかった、帰れるね

そう思った矢先

ぼんが派手にリバース!

これではお薬を戻してしまう可能性があるので

点滴で薬を入れることになった

そう、入院である


| 健康 | 09:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。